学院長のつぶやき

おめでとう

東京都大田区、京浜東北線大森駅北口から徒歩四分、
逆転合格専門塾の、大森山王学院です!

朝。
君からLINEが来た。
多分、寒い中、合格発表を目の前にして
かじかむ手で打ってくれたのだろう

ちょっと「っ」の多い

「受かっった」

と言う報告
ごめん、正直に言います。一瞬我が目を疑いました。

試験を受けて帰ってきた日、少し照れ臭そうに、そして本当に悔しそうに
「面接少し失敗しちゃいました」といった顔。
その顔が頭をよぎったから…

でも、君は絶対にこんなことで嘘をつくような子ではない。

とても繊細で
それ以上に不器用で
でも、良い意味でこだわりが凄く強い君

僕と同じで気圧の変化に弱く
今日は危ないかな、と思っていると
そんな僕の心理を読んだかのように鳴る電話

「すみません、無理です、明日頑張って行きます」
「今まで倒れていたので今から急いで行きます」

普通の先生なら、疑ったり叱りつけたりするのかもしれない
でも、受験生になってからの君は
断じてそういう対象になる子ではなかった

決して簡単では無い目標に向かって
なんとかしなければと、もがいていたよね

今、教室を後から何枚か撮った画像を眺めている
他の誰にもわからないだろうが僕にはわかるんだ
いつも左の端っこにいるのが、君だと

自分で選んだ定位置で、ときには頭を抱え、ときには眠気と戦い、
そしてときには周りの音が一切耳に入らないほど集中してひたすらペンを動かす

僕にとってはこの3年間と言うもの、見慣れた風景
でも、見慣れたと言う事は
ずっと君がそこで
頑張り続けてきたと言う意味でもある

それが、今日最高の形で実ったんだね

もちろん、この合格はこれから輝きを増す君の人生の中では
通過点に過ぎないのかもしれない

でも、今日だけは言わせて欲しい

倍率3倍以上を勝ち抜いたとか
内申からしたら大逆転だとか
そんな事はどうでも良く

君は、僕の自慢の生徒です。

一緒に君の道を歩かせてくれて、ありがとう

まずは、ずっと背中を支えてくれたお母さんに
報告をしておいで。

夜に、また会おう!