中学受験

入学手続きや入学金の振り込みで焦らない

東京都大田区、
京浜東北線大森駅北口から徒歩4分
「逆転合格専門塾」大森山王学院です!
こんにちは、学院長の保科です。

今回もいただいたご質問から書きたいと思います。

受験した学校に合格!!というと、まずは喜びが爆発するものです。
お子さんは笑っていても泣いていても叫んでいてもいいのですが(彼ら彼女らにはその権利がありますよね)、保護者さんはそうはいきません。

「手続き」という超重要任務が待っています。

そしてこれは、実はほとんどの方が初めてすることだったりします。
それですから、焦ったり迷ったりする方も多いですね。

今回は二つのポイントについて触れます。

1,直接手続きの際に忘れてはいけないもの
だいぶ減ってきましたが、「直接手続きしか認めていない」伝統校さんはまだまだ存在します。また、手渡しすることで、合格、入学の実感を持ってほしい、というお考えの学校さんもありますね。

この場合は、当たり前ではありますが、事前に募集要項をよく読んでおくことが重要です。

特に忘れやすいものが、
・受験票<一番多い!!>
・本人確認できる書類
・要項に入っていたカード類

そして、ケースは少ないですが、必要ならば、現金。
特に中学受験の場合、時間が切迫している場合も珍しくありません。
また大学受験の場合、発表を見てから次の受験を申し込まなければいけない状況もよく起こります(僕もそうでした)。

ご自宅に帰っている暇がないことも十分あり得ます。くれぐれも、お気をつけて。

2,振り込みの際にミスを防ぐ
大勢の方がこの時期に入学金振り込みを行います。
この時にミスを犯すと、最悪、数十万円単位の損害が(一時的にせよ)出てしまいますね。

これを防ぐためには、やはり「時間に余裕を持って行動すること」です。
特に、郵便局や地方銀行、信用金庫などの「一か所当たりのATMの数が少ない」ところでは、長蛇の列になってしまうことも珍しくありません。

ここでおすすめなのは、やはり
「オンラインバンキング」
を活用することではないでしょうか。

今はほとんどの主要銀行に導入されていますが、こういう事態には非常に強いです。
ご自宅からでも深夜でもお構いなし。
しかも基本的に、窓口やATMを利用するより手数料が安い場合がほとんどです。
上記の通りこの時期には端末が混みますが、それも関係なし、です。

唯一気になるのが、「振込が完了しているかが電子データのみ」であるので不安になりやすいということです。
振込関係のサイトでも、やはり電子データなので、「自分の電子通帳には出金記録があるのに、向こうではまだ振り込んでいないことになっている」という事態にもなりますね。

しかしここでバタバタしても意味はありません。処理順になるだけで、送金そのものは瞬時に行われているはずですから、反映されていなくても、慌てず少し待たれると良いでしょう。

また、もう一つ不安を鎮めるためと、万が一の事態に備えるためにできることもあります。
それは、すべての手続きが済むまで、ファイルなどの一か所に明細を保管しておくこと。

インターネットバンキングなどでも、明細を参照・印刷することができるのではないでしょうか。
万が一に備えて、記録を残しておくことは今後の生活でも役立つ知恵だと考えます。
振り込み直後の画面をスクリーンショットとして保管しておくことをお勧めします。

銀行のATMなどでスマホやタブレットを使っていると
「もしかして詐欺の被害に遭いそうになっているのではないか?」
と心配されることも考えられますので、そこはお気をつけくださいね。

以上、合格発表や入学手続き前後のお役に立てば、幸いです。
スムーズによき出発を始められますよう、心よりお祈りいたします。